利用できる制度などを今一度確認してみよう

生活に困った場合

悩む女性

費用や活用方法を理解する

やりたくない仕事をしているときには、うつ病にかかりやすい傾向があります。うつ病といっても、すべての人がなるわけではなく、まじめな人ほどなりやすいとされています。特に現代社会においては、物質的な欲求がみたされている状態ですので社会に出てから一体何を求めたらよいのかわからなくなり、うつ病になる傾向もあります。このような時、どういった症状があらわれるかといえば、会社に行こうとすると頭痛や発熱などが大きい会社に行けなくなることです。また夜眠ることができなくなり寝不足の状態が続くことも少なくありません。一度会社を休んでしまうと、続けざまに会社を休むことになり結局長期的に休むことになるでしょう。このようなときには、収入も入らなくなるため生活そのものが難しくなることからうつ病を治療する必要があります。とはいえ、すぐに治療をして元に戻るわけではなく時間がかかるものです。そのあいだ生活費がなくなってしまうことを考えれば、障害者年金を受給するのがよいでしょう。障害者年金の申請にかかる費用は、基本的に病院に行き診断書を書いてもらうことや必要な書類を集めることです。自分で申請できる場合にはそれで良いですが、なかなか難しい場合には弁護士や社労士に依頼することが必要です。障害者年金自体は、もらえるかどうか明確でない者のため自分で申請したとしても必ずしももらうことができるわけではありません。それならば、少しでももらえる確率を高めるため専門の社労士や弁護士に任せることが必要になります。この時の費用はおよそ\50000程度になることが多いです。

うつ病になり障害者年金をもらう場合、社労士は弁護士を活用することになることが多いですが、この場合でもうつ病の障害者年金の申請に慣れているところにお願いする必要があります。社労士や弁護士も、すべての人が障害者年金を申請できるわけではなく資格としてはできたとしても正しい書類の書き方まで心得ている人はそこまで多くありません。そうだとすれば、まずインターネットで調べて専門的に障害者年金を扱っているところを選ぶ必要があります。自分で行う場合に比べて、2倍から3倍ぐらいは申請が通る可能性が高くなるわけです。このように、上手に利用することで無駄なく申請をすることができ結果的に年金をもらうことが可能になります。ただ理解しておきたいのは、弁護士や社労士が審査をするのではなく国が審査をするものです。そのため、審査が通る確率は高いとされている弁護士や社労士の願いをしても100パーセント審査に通るとは限りません。審査に落ちたとしても、なぜ落ちたのかは明確にならないことが多いです。もし、社労士は弁護士を活用するときには、審査に落ちた場合にはどれぐらいのお金が必要かも知っておく必要があります。通常の場合は、成功報酬などがありますので事務手数料に加えていくらか加算されますが、事務手数料以上にたくさんのお金をとるようなところもあるため要注意です。ちなみに事務手数料はおよそ\20000ほどになります。それ以外に、保険事務所まで行く交通費などもかかることを考えれば、審査に落ちたとしても\30000ぐらい請求される可能性は否定できません。

Copyright© 2019 利用できる制度などを今一度確認してみよう All Rights Reserved.